会社情報製品カタログ業務範囲オーダーメイドお問合せ
威海宝飛龍釣具有限会社

威海宝飛龍釣具有限会社は2008年に創立され、研究開発、生産、マーケティング、サービスを一体とした現代化釣具企業であり、中、高級炭素繊維の釣竿を生産することを主な業務とします。

長年以来、宝飛龍は国内で最高の炭素繊維の釣具製品を作り、国内、国際の有名なブランドを目標とし、品質を根本とし、管理を保障し、市場をガイドとし、革新を駆動し、ブランドを魂とし、自身の実際に適合する転換発展の道を探求しています。また、宝飛龍釣竿は全国の釣竿業界の重点中堅企業の一つでもあり、現在の従業員は約400人余りで、工場の建築面積は25000平方メートルで、30本の現代化の標準生産ラインを持って、釣竿の年間生産量は百万本近くに達します。2014年、宝飛龍は規模拡張を行い、土地を新たに260ムー追加して、研究と開発生産、観光旅行、レジャー体験を一体にした総合的な産業園を作りました。顧客体験に特化した釣りプールは6つ、自転車訓練場は1つ、テニスコート、バドミントンコート、創業者が学ぶ釣り商学院を一体となった総合工業産業観光園が併設されています。

質量標準状況

宝飛龍は釣具の品質を厳しく制御し、ISO9001品質管理システム、ISO14001環境管理システム、OHSAS18001職業健康安全管理システム、エネルギー管理システム、測量管理システム認証及び安全生産標準化三級企業認証を順次通過して、製品の品質監督管理を強化します。認証により会社は更に管理レベルを向上させ、資源の有効利用と製品品質の着実な向上を確保します。炭素使用率は昨年の94%から98%に上がり、総合エネルギー消費量は前年同期より10%減り、製品品質合格率は昨年の93%から96%に向上しました。尚、宝飛龍釣具は中国保護消費者基金会より「全国製品の品質、サービスの質は安心できる会社」という荣誉を獲得しました。

会社は革新型人材の導入と育成を高度に重視し、2014年に技術研究開発センターを設立し、専門技術開発人材31人、台湾から専門開発技術人材5人、最高品質官1人を導入し、同時に業界の専門家を採用して従業員に総合訓練を行い、従業員全体の素質を明らかに向上させました。会社は従業員の革新スタジオを設立し、「革新スタジオ制度」、「五小活動(小さな発明、創造、革新、設計、意見)奨励制度」などを制定しました。革新指導チームの指導の下で、2015年に従業員は合理化提案を35、「五小」成果を16、百項目の技術革新成果を8つ提出しました。会社は業界の専門家、中堅と管理人材を招いて従業員に対して品質管理、安全生産などの方面の訓練を行って、全員の素質を高めて、従業員の思考方式を広げて、従業員の専門技能と品質意識を高めます。研修により1人当たりの生産率が2%向上し、不良品率は昨年に比べて5%低下しました。ここ数年来、会社は「釣具釣竿の支柱」、「釣具の安全通用要求」と「釣具の分類と用語」の3つの業界標準を起草修正しました。標準の制定と実施を通じて、漁具業界の生産標準、検査基準と技術レベルの向上を推進しました。同時に、それを通じて、業界の発言権を握って、競争優勢を強化して、会社が更に国内外市場を開きます。

ブランド発展状況

宝飛龍はブランド革新に専念し、2015年に「BARFEILON」と「HAOSHIDA」は「威海市の有名な商標」と「山東省の有名な商標」を授与され、同時に「BARFEILON」の商標も日本で登録されて、台湾、アメリカの釣り専門家を宝飛龍に入れて、交流協力を行い、一緒に製品を開発し、市場を開拓しました。これは宝飛龍ブランドが国際的な道に向かって重要な一歩を踏み出したことを示しています。当企業は大型漁具博覧会に参加し、客の数、情報、資金フなどの多種の資源優勢を持つ漁具博覧会を利用して、企業の造勢、宣伝と製品とサービスの提供を行い、ブランド知名度と影響力は急速に拡大しました。企業は試合に参加して、CAAと戦略協力パートナーになって、製品も国家級の試合で唯一指定された釣竿になります。主催する「宝飛龍カップ」釣り大会が国家級の4種類の試合に選ばれ、各地のディーラーの釣り試合に参与し、賛助しています。その他、宝飛龍釣具はメディアの協力に参与して、合作しているテレビメディアは湖北衛星テレビの漁楽圏、湖南衛星テレビの楽しい釣りチャンネル、四海釣りチャンネルなどで、直観的で、速くて広くブランドを伝播して、忠実なファンを育成しています。宝飛龍は最先端の釣竿ブランドに力を入れており、現在「宝飛龍」、「竿王」、「豪仕達」の3大自主シリーズを形成しており、100種類以上の高級炭素繊維釣竿を有し、製品は日本、韓国、インド、ベトナム、アメリカ及び欧州市場に販売されています。

+86 400 8788 321